書籍販売 書籍一覧INDEXご購入について

Be you!

「青年団前進の手がかりを求めて」研究所報第7集
いのちと自然を守るために
なかまのうた(歌集)
「はばたけ青年団」研究所報第2集
まちが好き!そんなあなたがクリエーター
みんなの気持ちもっと知りたい
光っているよ、せいねんだん-実践実例集-
創作脚本集第2集
北方領土のはなし
創作脚本集第3集
君の世界が見えてくるーやさしい学習活動のすすめ
君の心が戦争を起こす
地域づくりは俺たちの手で
「地域にねざす青年たち」研究所報第3集
地域青年運動50年史
地域青年運動50年史-資料編-(CD-ROM)
大河の流れのように-日中青年交流30年の歩み-
女と男の未来予想図
女子活動の手引き
「輪をひろげる青年たち」研究所報第4集
「地域を織りなす仲間たち」研究所報第5集
「組織強化にとりくむ仲間たち」研究所報第6集
教宣活動あらかると
私の青年団改造論-若きカントリーヒーローへのメッセージ-
若者たちの自画像 地域青年白書
農業を守り発展させるために
青年団活動資料団事務局の手びき
青年団強化の手引続ビジョンを求めて
青年団調査活動のてびき-社会調査の留意点-
青年団論
80年代の青年団運動
女子活動Q&A素敵な人生をおくるために
やさしい原発の知識

書籍タイトル:君の世界が見えてくる

  • 一般価格:1,080円
  • 発行:日本青年団協議会

目次

第一章 学習活動をどう考え、どうすすめるか
第二章 仲間たちが生き生きと取り組む学習活動
第三章 仲間・学習がささえた私の成長−青年団となにか−
学習資料
あとがき


はじめに

 青年団の若い活動家のあいだで、「学習活動は重い」という声をしばしば耳にする、そう思うのはむりのないことかも知れない。「学習」というと、ついみんなの頭のなかに、学校時代の「勉強」のことがうかんでしまうからだ。しかし、ほんとにそうだろうか。

 いちばんひろく「学習」の意味をとらえかえすと、それは、みんなの考えや行動を前向きにかえていくいとなみといってよい。とすれば、「学習」は、型にはまったものではなくなるはずである。

 たとえばこんなことがある。青年団の仲間たちは、各地で平和運動、合成洗剤追放運動・環境保全・自然保護運動・過疎からの脱却をめざす運動・選挙の明正化運動・女性の地位を高める運動などにとりくんでいる。そのさい、運動をすすめるなかで、かならずといってよいほど、関係する事実をひろくふかく知りながら問題を解決するためのたしかな問いつめあいが、肩をはらずに生き生きと、ヤングらしい機智・ユーモア・工夫をあふれさせてくりひろげられているはずである。ふだん、この事実を知り問題解決のてだてをみんなのものにしていく活動を、とりたてて 「学習活動」とよばないばあいがいが多い。しかし、みんなの行動を前向きに変えていく力が「学習」にあるとすれば、それはもうすでに、文字どおりゆたかなほんものの「学習活動」だといってよい。だから、「運動は学習を要求し、学習は運動を発展させる」ともいわれるのだろう。

また、こんなこともある。若い仲間たちはよく、ひとつのことにあれこれ思い悩んだあげく、青年団のなかで、ときには先輩のきびしい苦言やさりげないアドバイスに、ときには同年輩の仲間たちのあたたかいはげましにはっと目をひらかれ、思いきっていままでとはちがった生き方に一歩ふみだしていく。そんな苦言・アドバイス・はげましを自分なりにしっかりとうけとめ、思いをあらたにすることもまた、自分の考えをかえ、たくましく成長させていく力となるはずだから、身にせまるたしかな「学習」といえるのではないか。そのほかにも、さまざまな形の学習が青年団のなかにはゆたかに準備されている。いずれにしても、こうして、さまざまな「学習」が青年団活動にはりをあたえ、仲間一人ひとりの成長をふかいところでささえていく。そのなかで「君の世界が見えてくる」ことになる。

「学習」をこんなふうに考えれば、そのことはからうかぶイメージは、ずいぶんちがったものになってくる。そこでは、「重さ」「団苦しさ」「ぎこちなさ」はときほぐれ、「学習」が、「はりのあるもの」「楽しいもの」「生き生きとしたもの」になってくるかも知れない。

だから、この小さな本は学習活動を力にして青年団活動がゆたかに発展し、若い仲間たちのシャンとした生き方にはずみかつけばという思いで、各地の仲間の協力をえながら書かれたものである。

ところで、この本は、どこから読みすすめていってもいいと思う。自分の生き方にひきつけて「学習」に関心をよせてみたいと思えば、仲間たちのかざりけのない自己形成史ふうの記録をおさめた第三章から目をとおすのが自然かも知れない。また、青年団の実践活動にひきつけてということなら、第二章から読みはじめてもいい。それに、「学習とはなにか」「学習をどうすすめるか」というところあたりからはっきりさせたいというのなら、第一章から順々にページをくっていくのがいいだろう。とにかく、型にはまらず、興味のわきそうなところから、この本を見ていってほしい。

いずれにしても、この小さな本が若い活動家を中心に、多くの仲間にひろく活用されたらしあわせである。

一九八六年三月
青年団研究所学習活動委員会 千野陽一

 | ホーム | 日青協概要 | お問い合せ |  Copyright © 2002-2008 JAPAN SEINENDAN COUNCIL. All rights reserved.