書籍販売 書籍一覧INDEXご購入について

Be you!

「青年団前進の手がかりを求めて」研究所報第7集
いのちと自然を守るために
なかまのうた(歌集)
「はばたけ青年団」研究所報第2集
まちが好き!そんなあなたがクリエーター
みんなの気持ちもっと知りたい
光っているよ、せいねんだん-実践実例集-
創作脚本集第2集
北方領土のはなし
創作脚本集第3集
君の世界が見えてくるーやさしい学習活動のすすめ
君の心が戦争を起こす
地域づくりは俺たちの手で
「地域にねざす青年たち」研究所報第3集
地域青年運動50年史
地域青年運動50年史-資料編-(CD-ROM)
大河の流れのように-日中青年交流30年の歩み-
女と男の未来予想図
女子活動の手引き
「輪をひろげる青年たち」研究所報第4集
「地域を織りなす仲間たち」研究所報第5集
「組織強化にとりくむ仲間たち」研究所報第6集
教宣活動あらかると
私の青年団改造論-若きカントリーヒーローへのメッセージ-
若者たちの自画像 地域青年白書
農業を守り発展させるために
青年団活動資料団事務局の手びき
青年団強化の手引続ビジョンを求めて
青年団調査活動のてびき-社会調査の留意点-
青年団論
80年代の青年団運動
女子活動Q&A素敵な人生をおくるために
やさしい原発の知識

書籍タイトル:青年団前進の手がかりを求めて

  • 一般価格:1,728円
  • 発行:日本青年団協議会

目次

第一章 青年団の組織再建、そのための具体的な方策と提言
第二章 どうかかわる、行政と青年団
第三章 都市青年の学習・社会活動
補章 国際化と不安の時代における「青年団の地域づくり」

 

はじめに

 全国各地で日夜、青年団運動に真剣にとりくんでいる仲間たち、そしてそれを支援し、常に暖かいご指導をくださっている関係機関ならびに関係者のみなさま方ヘ−。

 青年団研究所は、一九八〇(昭和五五)年再発足して以来、七年間、常に研究所の在り方として、一、研究の自由、二、実践性、三、執行機関の活動との関連性と独立性の三点を基本にすえながら研究活動を行い、その研究成果については、所報をはじめとする出版物等によって、全国の青年団活動の推進の討議素材として提供してきました。

 今年度は、それらの研究成果の上に立ち、継続研究課題については今年度をもって終了させ、全国の仲間に還元させることを確認しながら調査研究活動をすすめてまいりました。

 所報第七集の内容については、「再建された青年団の調査に基づく組織再建を図るための具体的な方策と提言」、「青年団と行政に関わる調査、現地調査をふまえての行政と青年団の関わりについての提言」、「都市青年の学習・社会活動」、「国際化と不安の時代における青年団の地域づくり」について掲載しています。

 今年度日青協は、組織の強化・拡大の推進を運動の大きな往にすえ、全国市町村実態調査の実施およびそれらに呈づく参道府県団(会)における分析検討会の実施、中長期ビジョンの策定等に組織あげて現在とりくんでおります。

 こうした時に、所報第七集に掲載してある研究・提言を運動の理論的・実践的教書として活用し、青年団の組織強化拡大に大いに役立てていただくことを願ってやみません。

 青年をめぐる情況は益々厳しくなってきております。国民の生活をよりよくしていく運動の中で青年の運動というものをとらえ直し、多くの仲間、地域の人だちと共に連帯し、まさに実践・学習のつみ重ねの上に、地域からの運動をおこしていかなければ、青年団運動の活性化や地域の展望は切り開かれないと確信します。

 委員各位の献身的な研究活動のおかげて、当初計画通り、ここに所報第七集の発刊ができましたことを心から喜ぶと共に、委員の先生には感謝し、お礼串し上げたいと思います。

 最後に、本所報第七巣をはじめ、研究所・日青協発行図書の活用をお願いすると共に、これらに関する全国の仲間たち、また関係者の方々の積極的なご意見を寄せていただくことを重ねてお願いして発刊のご挨拶とさせていただきます。

 | ホーム | 日青協概要 | お問い合せ |  Copyright © 2002-2008 JAPAN SEINENDAN COUNCIL. All rights reserved.